修繕工事を行う作業員

適切にマンション修繕工事を進める方法

青空とマンション

分譲マンションに入居している方の大半が、月ごとに修繕用の積立金を支払っているかと思います。積立金は、定期的に行われるマンション全体の修繕に使われる予定のもので、大規模な修繕工事はマンションにもよりますが大体10~12年に一度は必要と言われています。修繕は、マンション全体の鉄筋コンクリートのひび割れや腐食を修繕する外壁の補修と強化、再塗装が主なもので、規模・工程ともに大掛かりな作業のため、専門業者への依頼が必須と言えます。
工事中は、マンションの外周に長期間、足場を組んでの作業となり、関わる作業員の人数も少なくない為、マンション大規模修繕工事を始める前には、マンションの管理組合と住民、専門業者との間でしっかりと工事内容の確認と情報の共有をしておく事が大切です。
定期的な修繕工事は、より快適な住環境を求める入居者の確保にもつながり、マンションの資産価値を維持するために欠かせない工事だからこそ、信頼の置ける専門業者の選択が重要です。もしあなたがマンションの管理組合の一員であるなら、実績と経験の豊富な専門業者数社に見積もりを取り、適切な価格で、マンション大規模修繕工事を請け負ってくれる専門業者へ依頼することをおすすめします。

お知らせ

2019年10月09日
適切にマンション修繕工事を進める方法を更新。
2019年10月09日
マンション修繕工事にかかる期間を更新。
2019年10月09日
マンションを維持するための修繕工事を更新。
2019年10月09日
デザイナーズ風のマンションの修繕工事を更新。