修繕工事を行う作業員

マンション修繕工事にかかる期間

梯子を持った作業員

マンション大規模修繕工事は大掛かりな工事になります。大規模修繕にかかる期間は、どんな工事をするかどこまでの範囲を行うのか、マンションの大きさなどによって異なるものの、3ヶ月程度は必要になってきます。修繕工事は、外壁やベランダなどの工事も行うため、足場を組んで行う大がかりな工事です。工事中は窓を開けられないベランダが使えないなど、暮らしにくい部分も出てきます。居住者や近隣の方へ配慮しながら行います。
マンションの規模が大きくなると、もっと長い期間が必要になってきます。さらに、計画から着工までの準備期間も加えると、約1~2年の期間が必要になります。そのため、マンションに修理が必要な不具合が出てから専門業者へ依頼するのではなく、早めに準備に取り掛かれるように、計画的にマンション大規模修繕工事を進めていく必要があります。
大規模修繕を行う場合、高額な費用が発生します。工事の内容によって費用は異なるものの、1回目の大規模修繕よりも2回目以降の方が、建物の修理箇所が増えるため費用は高くなる傾向にあります。支払いに対応できるように、マンションは住民の財産でもあるので住民の理解を得て、計画的に資金を確保しておくことが大切です。

お知らせ

2019年10月09日
適切にマンション修繕工事を進める方法を更新。
2019年10月09日
マンション修繕工事にかかる期間を更新。
2019年10月09日
マンションを維持するための修繕工事を更新。
2019年10月09日
デザイナーズ風のマンションの修繕工事を更新。